日本最高のスーパーカー・レクサスLFAを作る工場の映像

レクサスLFA スーパーファクトリーのすべて ドキュメンタリー
©ナショナルジオグラフィック社

世界を魅了したレクサス・ブランドのスーパーカー「LFA」。

500台の限定生産、価格は3750万円からという、日本が誇るスーパーカーです。

日本車の史上最高価格です。

レクサスLFA スーパーファクトリーのすべて」では、ナショナルジオグラフィック社が、LFAを作る愛知県の元町工場の中見を撮影したものです。

レクサス LFA

©ナショナルジオグラフィック社

レクサスLFAとは

レクサスLFAはV型10気筒というモンスターエンジンを搭載しています。

ハイパワーエンジンでありながら、小型化に成功し、狭いフロントミッドシップに搭載することを可能にしました。

ヤマハとの共同開発による日本の技術を結集したエンジンです。
4800ccのエンジンは、わずか0.5秒で9000回転に達します。

最高速は325キロにも達します。

カーボンファイバーを使った車両重量は1400キロしかありません。

計算されつくしたボディの形は、空力を生み出し、エンジンを冷やすシステムです。

LFAを作る元町工場

トヨタの国内工場は15あり、そのうちの10が愛知県内にあります。

その中の元町工場でLFAは作られています。

5万人いる技術者たちの中の精鋭150人がLFAの組み立てに携わります。

 

ボディ製造部門

LFAのボディに使われているカーボンファイバーは車の性能を左右します。

重さはスチールの4分の1、固さは5倍です。

F1マシンやロケットなどに使われている、超高級素材です。

カーボンファイバーは、LFA以前には、トヨタで使われたことのない素材でした。

そのため、初めて使う素材に、技術者たちは四苦八苦しました。

カーボンファイバークロス

©ナショナルジオグラフィック社

カーボンファイバーのクロスを型に入れて、1000トンの圧力をかけ、樹脂を入れ、数千℃の熱さで熱します。

樹脂が含まれたカーボンファイバーを、匠たちが型に入れながら、アイロンで型を付けていく作業は見事です。

特殊な装置で150℃の熱を与えると、見事に型を取ったボディパネルが完成します。

ルーフピラーの曲線の部分を作るために、カーボンファイバーを編み上げる特殊な機械が使われます。

カーボンファイバー編み上げマシン

©ナショナルジオグラフィック社

エンジン部門

エンジンは愛知県の明知工場で開発されました。

10気筒でありながら、6気筒並みに軽いエンジンを開発するため、軽いアルミを加工する高度な技術を作り上げました。

LFAエンジン

©ナショナルジオグラフィック社

トヨタはかつてF1に参戦しており、2009年に撤退しました。

そのときの超高性能機械が本社工場に残っており、LFAエンジンの開発に大いに役立ちました。

エンジンの最終組立は、ヤマハの磐田工場に運ばれて、4人のスーパーエンジニアの手作業で行われます。

YAMAHAエンジン

©ナショナルジオグラフィック社

組立部門

ボディ製造部門で15日間かけて作られたパーツが組立部門に運ばれてきます。

また、YAMAHAの工場から戻ってきたエンジンも組立部門に届けられます。

組み立ては、4つの行程に分かれています。

  1. 内装
  2. シャシー
  3. 仕上げ
  4. 調整

組立部門ではLFAの15000もあるパーツを組み上げます。

組立部門

©ナショナルジオグラフィック社

 

こうして、日本車史上最速、最高の車が完成します。

レクサスLFA黄色

©ナショナルジオグラフィック社

スーパーファクトリーシリーズDVDの記事

メルセデス・ベンツの究極のスーパーカーSLS・AMGを作る工場の映像

ポルシェ911を作るドイツの工場にナショナルジオグラフィックが突入

コメント